本文へスキップ

東京湾の埋め立て地によみがえった野鳥の楽園




東京都立東京港野鳥公園は野鳥や水辺の生きもの、たくさんの動植物を守り、生きものでにぎわう公園です。
埋立地に期せずして再生した東京湾岸の自然が多くの都民のみなさまの希望で保全されました。
毎年、シギ・チドリ類、カモ類といった水鳥や小鳥類、オオタカなどが公園を訪れ、
年間120種類前後、開園以来227種類の野鳥が観察されています。

 お知らせ

● イベント情報を更新しました
2017年8月までのイベント情報を掲載中です。
イベントによって申込方法が異なりますので、ご注意ください。
詳しくは、イベント情報のページをご覧ください。
皆様のご応募、ご参加をお待ちしております。
※ご注意:2017/6/1からの郵便料金改定に伴い、往復はがき(往信・返信)の切手料金不足にご注意ください。

● シギ・チドリ観察時刻表を更新しました

2017年・秋版の「シギ・チドリ観察時刻表」を更新しました。
シギ・チドリ観察時刻表をご覧ください。
秋の渡りで飛来するシギ・チドリの観察の際に、ご参考としてお使いください。

● 駐車場拡張工事のお知らせ
大田市場に隣接する野鳥公園駐車場を拡張する工事が本年4月10日より始まります。
工事期間中は、現駐車場の一部が閉鎖され、駐車スペースが狭くなります
ご来園の際は、できる限り公共交通機関をご利用ただくよう、お願い申し上げます。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

  工期 2017年4月10日 ~ 2019年3月31日


● 野鳥公園東側隣接区域の干潟拡張工事のお知らせ
野鳥公園東側に隣接する水域に干潟を拡張する工事が本年1月より始まります。
工期は1期2期で構成され、最終的には2018年3月の終了を予定しております。
今回の工事は、野鳥や魚類、貝類などの生息に適した環境を整備し、干潟整備後は野鳥公園の拡張部分となる予定です。
ご来園の皆様には、ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【工事場所】 野鳥公園隣接水域(前浜干潟と呼称する水域)
【干潟面積】 120,000平方メートル(12ha)
【工期】 1期 2017年1月~3月 潜堤(水中の土留め用石積み)設置、樹木伐採
     2期 2017年7月~2018年3月 土工(海域内の切土、盛土)、敷砂工事


● リンクページ更新のお知らせ
「ラグビーワールドカップ2019™」日本大会ウェブサイト、および、「東京都ラグビー情報」ウェブサイトとのリンクを新たに設けました。
東京港野鳥公園は2019年ラグビーワールドカップ、2020年オリンピック・パラリンピックで来日される海外からのお客様に、復元された東京湾岸の自然とそこにすむ野鳥を紹介したいと願っています。


東京都立東京港野鳥公園

〒143-0001 東京都大田区東海3-1 Googleマップで表示
電話 : 03-3799-5031
FAX : 03-3799-5032
E-mail: yachokouen@wbsj.org

都立東京港野鳥公園は東京都港湾局の海上公園のひとつです。
指定管理者である「東京港野鳥公園グループ(東京港埠頭株式会社、公益財団法人日本野鳥の会)」が「NPO法人東京港グリーンボランティア」と「東京港野鳥公園ボランティアガイド」の協力を得て管理運営をしています。
Copyright © Wild Bird Society of Japan. All rights reserved

東京港埠頭株式会社が管理する海上公園なびはこちら

★ストリートビューがご覧になれます→こちらをクリック!