本文へスキップ

東京湾の埋め立て地によみがえった野鳥の楽園




東京都立東京港野鳥公園は野鳥や水辺の生きもの、たくさんの動植物を守り、生きものでにぎわう公園です。
埋立地に期せずして再生した東京湾岸の自然が多くの都民のみなさまの希望で保全されました。
毎年、シギ・チドリ類、カモ類といった水鳥や小鳥類、オオタカなどが公園を訪れ、
年間120種類前後、開園以来227種類の野鳥が観察されています。

 重要なお知らせ


NEW 2019.2.21 ● 2/24 無料公開のお知らせ

2018.4.3 ● 4/1~、バスのダイヤ・停留所名が変更されました

2018.3.30 ● 4/1に干潟が約11ha広がります!

2017.4.7 ● 駐車場拡張工事のお知らせ

 お知らせ


NEW 2019.2.21 (追加)● 前浜干潟 立ち入りのお知らせ
22(金)に前浜干潟・潮入りの池間の管理道などに立ち入りがあります

2019.2.8 (追加)● 東・西保護区 立ち入りのお知らせ

 イベント情報


2019.2.14 ● 2019年度 田んぼクラブ
2019年度版の予定です。年間メンバー固定制。
年間スケジュールは特設ページでご確認ください。

2019.2.5 ● 油汚染水鳥救護講習会のお知らせ

2019.2.1 ● Biginner Bird Watchingのお知らせ

2018.9.15 ● イベント情報を更新しました


野鳥公園のライブカメラ

東京都立東京港野鳥公園



〒143-0001 東京都大田区東海3-1
電話 : 03-3799-5031
FAX : 03-3799-5032
E-mail: yachokouen★wbsj.org
※★を@にしてください

開園時間:
2~10月 9:00~17:00
11~1月 9:00~16:30
※閉園時刻30分前で入園受付終了

休園日:
毎週月曜日(月曜日が休日・都民の日の場合は翌日)、年末年始

都立東京港野鳥公園は東京都港湾局の海上公園のひとつです。
指定管理者である「東京港野鳥公園グループ(東京港埠頭株式会社、公益財団法人日本野鳥の会)」が「NPO法人東京港グリーンボランティア」と「東京港野鳥公園ボランティアガイド」の協力を得て管理運営をしています。
© Wild Bird Society of Japan. All rights reserved