本文へスキップ

東京湾の埋め立て地によみがえった野鳥の楽園


東京都立東京港野鳥公園は野鳥や水辺の生きもの、たくさんの動植物を守り、生きものでにぎわう公園です。埋立地に期せずして再生した東京湾岸の自然が多くの都民のみなさまの希望で保全されました。毎年、シギ・チドリ類、カモ類といった水鳥や小鳥類、オオタカなどが公園を訪れ、年間120種類前後、開園以来226種類(2015年3月現在)の野鳥が観察されています。

 お知らせ

●田んぼクラブ年間参加者募集のお知らせ
田んぼクラブ年間参加者の募集を開始します。
季節ごとの田んぼのにぎわいを感じながら、種まきから収穫まで体験してみませんか?
期間は4月から11月、全7回参加できる小学生4年生以上の親子を募集します。申込みは往復はがきで、応募者多数の場合は抽選となります。詳しくは。HP特設ページ、またはチラシ(PDF)をご覧ください。

●閉園時間変更のお知らせ
閉園時間が2月1日より、17時となります。入園受付は16時30分までとなります。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。
 【参考】 2月~10月 : 9時~17時 ※閉園時刻の30分前で入園の受付を終了します
       11月~1月 : 9時~16時30分

●野鳥公園東側隣接区域の干潟拡張工事のお知らせ
野鳥公園東側に隣接する水域に干潟を拡張する工事が本年1月より始まります。
工期は1期2期で構成され、最終的には2018年3月の終了を予定しております。今回の工事は、野鳥や魚類、貝類などの生息に適した環境を整備し、干潟整備後は野鳥公園の拡張部分となる予定です。
来園者の皆様には、ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

工事場所 野鳥公園隣接水域(前浜干潟と呼称する水域)
干潟面積 120,000平方メートル(12ha)
工期 1期 2017年1月~3月 潜堤(水中の土留め用石積み)設置、樹木伐採
   2期 2017年7月~2018年3月 土工(海域内の切土、盛土)、敷砂工事

● 公園灯(園路照明灯)改修工事のお知らせ

公園内設置の公園灯(園路照明灯)改修工事が以下の期間実施されます。照明灯を新しいものに交換する工事です。
来園者の皆様にはなにかとご迷惑をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

工事期間 2017年1月上旬 ~ 3月中旬
工事場所 正門側スロープ、駐車場側スロープ、芝生広場


● ネイチャーセンター・リニューアルオープンについて

ネイチャーセンターが11月5日にリニューアルオープンします。来園者の皆様には、改修工事の期間、ご迷惑をおかけしました。今回の改修により、内外装やトイレ等の施設、展示物も新しくなります。
自然観察の拠点として、ご利用ください。
※ 多数の方のご来園いただいき、粗品贈呈終了しました。






新着情報

2017年2月9日
2017年度の田んぼクラブのお知らせを掲載しました。
2017年1月25日
イベント情報に2017年3月分を追加しました。
2016年12月25日
イベント情報に2017年2月分を追加しました。
2016年11月25日
イベント情報に2017年1月分を追加しました。
2016年10月25日
イベント情報に2016年12月分を追加しました。
2016年9月25日
イベント情報に2016年11月分を追加しました。
2016年8月25日
イベント情報に2016年10月分を追加しました。
2016年7月25日
イベント情報に2016年9月分を追加しました。

東京都立東京港野鳥公園

〒143-0001 東京都大田区東海3-1 Googleマップで表示
電話 : 03-3799-5031
FAX : 03-3799-5032
E-mail: yachokouen@wbsj.org

都立東京港野鳥公園は東京都港湾局の海上公園のひとつです。
指定管理者である「東京港野鳥公園グループ(東京港埠頭株式会社、公益財団法人日本野鳥の会)」が「NPO法人東京港グリーンボランティア」と「東京港野鳥公園ボランティアガイド」の協力を得て管理運営をしています。

Copyright ©Wild Bird Society of Japan. All rights reserved

東京港埠頭株式会社が管理する海上公園ガイドはこちら
★ストリートビューがご覧になれます→こちらをクリック!

イベント情報 - 東京都立東京港野鳥公園

event_seaside_stamp.htmlへのリンク