本文へスキップ

東京湾の埋め立て地によみがえった野鳥の楽園


うみべであそぶひ

『 うみべであそぶひ 』って?

普段ははいることのできない、保護区「前浜干潟」を2日間限定で開放します!東京の海辺で気ままに生き物の観察などを楽しんでみませんか?
夏休みの宿題にも役立つかも!


「うみべであそぶひ」のいいトコロ
① スコップやバケツなどの道具完備!(うみべあそびを体験できるよ!)
② 自分のペースで楽しめる!(時間内は自由に入退場可)
③ 生きものさがしのヒントや質問に、スタッフがおこたえ


概要

日時 8月6日(土)~8月7日(日)  各日13:00~15:00
受付 当日受付・各日12:45~14:30(随時受付)  1号観察小屋前受付・集合(※入場は13:00から)
対象 どなたでも、ただし小学生以下のお子様は保護者同伴でお願いします。
定員 随時50名

※入場が50名を越えた場合も、退場した人数の分、交代で入場できます。
混雑が続く場合は滞在時間を制限し、入れ替え制となることもあります。
雨天 雨天決行/荒天中止 (※雨天の場合は開催場所を変更する場合もあります。)
持ち物 軍手、長靴(または汚れてもよい運動靴・サンダル不可)、
汚れてもよい服装(厚い生地推奨)、タオル、帽子、飲み物

『 うみべであそぶひ 』のお約束

①生きものは持ち帰れません。
②小学生以下のお子様は保護者と一緒に!
③混雑時は滞在時間を制限することもあるのでご了承ください
④安全管理上サンダル禁止!長靴、運動靴で来てください。
 (前浜は牡蠣がらや石がたくさんある干潟です、足元はしっかりと準備してください)

いままでに「うみべであそぶひ」に参加された方の声


70代女性 カニ、貝を近くで見せてもらい、手にとってみたりする機会があり、楽しかったです。
50代女性 こんなにたくさんのカニや生き物がいる海を始めて見たと、子供達が感動しておりました。
40代男性 干潟の石をどかすとハゼがじっとしていて面白かった。新しい発見でした。
30代女性 子供達が、生き物の動いている所など、実際に手にとってみれてとても楽しかったです。
30代男性 場所にも驚きましたが、こんなにたくさんカニがいるのにじっくりしました。
      スタッフの方に石をひっくり返して頂き子供はとても喜んでました。

10歳の男の子 カニ、魚、貝などたくさんの生き物がいることに驚いた。
7歳の女の子 ゴカイを初めて見て気持ち悪かったこと。
5歳の女の子 カニをひとりでつかまえた!
4歳の男の子 最後にジャンボガニを見つけて、パパが指をはさまれたこと。
       たくさんカニがいて、びっくりした!

東京都立東京港野鳥公園

〒143-0001 東京都大田区東海3-1 Googleマップで表示
電話 : 03-3799-5031
FAX : 03-3799-5032
E-mail: yachokouen@wbsj.org

都立東京港野鳥公園は東京都港湾局の海上公園のひとつです。
指定管理者である「東京港野鳥公園グループ(東京港埠頭株式会社、公益財団法人日本野鳥の会)」が「NPO法人東京港グリーンボランティア」と「東京港野鳥公園ボランティアガイド」の協力を得て管理運営をしています。。
Copyright cWild Bird Society of Japan. All rights reserved

東京港埠頭株式会社が管理する海上公園ガイドはこちら

★ストリートビューがご覧になれます→こちらをクリック!