本文へスキップ

東京湾の埋め立て地によみがえった野鳥の楽園


東京都立東京港野鳥公園は野鳥や水辺の生きもの、たくさんの動植物を守り、生きものでにぎわう公園です。埋立地に期せずして再生した東京湾岸の自然が多くの都民のみなさまの希望で保全されました。毎年、シギ・チドリ類、カモ類といった水鳥や小鳥類、オオタカなどが公園を訪れ、年間120種類前後、開園以来226種類(2015年3月現在)の野鳥が観察されています。

 お知らせ

● 環境管理作業のお知らせ(※期間延長)

引き続き、東淡水池にて冬季カモ類飛来に備えたヨシ・ガマ刈を行います。レンジャーや作業員が東淡水池及びその周辺に立ち入ります。来園者の皆様には大変御迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご協力のほど、お願い致します。
  ◆日時:9/21(水)、23(金)、27(火)~29(木)
      9:00~17:00
  ◆場所: 東淡水池及びその周辺


● 環境管理作業のお知らせ

下記の期間中、東淡水池にて冬季カモ類飛来に備えたヨシ・ガマ刈を行います。そのためレンジャー他作業員が東淡水池及びその周辺に立ち入ります。来園者の皆様には大変御迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご協力のほど、お願い致します。
   ◆日時:9/13(火)~17日(土) 9:00~17:00
   ◆場所: 東淡水池及びその周辺
※上記期間で完了しなかった場合、翌週20日以降も継続して作業を行う場合があります。継続作業が必要な場合、改めて作業日等をお知らせ致します。


● ネイチャーセンター改修工事のお知らせ

東京港野鳥公園は開園以来26年目を迎えまして、老朽化対策や施設の充実を目的にネイチャーセンターの改修工事を実施します。工事に伴い、9月1日よりネイチャーセンターを閉館します。
工事期間中は来園者の皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

  対象施設 ネイチャーセンター・隣接する広場等(他の施設はご利用可能です)
  閉館期間 平成27年9月1日 ~ 平成28年11月4日(予定): 14ヶ月間
  ※ 閉鎖期間の施設については 「施設案内」をご利用ください。

なお団体利用時のレクチャーや昼食 場所として、自然学習センターを代替施設として予定していますが、従来より手 狭になるため、同時利用数に制約があります。詳しくは 野鳥公園管理事務所にお問い合わせください。

● ネイチャーセンター・リニューアルオープンについて

ネイチャーセンターのリニューアルオープンは、11月5日を予定しております。ただし、工事の進捗や各種検査の結果によって変更となる場合もございます。
来園者の皆様には長らくご不便をおかけしましたが、新しい施設にお迎えできることを、スタッフ一同、心待ちにしております。

新着情報

2016年8月25日
イベント情報に2016年10月分を追加しました。
2016年7月25日
イベント情報に2016年9月分を追加しました。
2016年7月10日
自然情報内にある「シギチドリ観察時刻表」に2016年秋版を掲載しました。
2016年6月25日
イベント情報に2016年8月分を追加しました。

東京都立東京港野鳥公園

〒143-0001 東京都大田区東海3-1 Googleマップで表示
電話 : 03-3799-5031
FAX : 03-3799-5032
E-mail: yachokouen@wbsj.org

都立東京港野鳥公園は東京都港湾局の海上公園のひとつです。
指定管理者である「東京港野鳥公園グループ(東京港埠頭株式会社、公益財団法人日本野鳥の会)」が「NPO法人東京港グリーンボランティア」と「東京港野鳥公園ボランティアガイド」の協力を得て管理運営をしています。

Copyright ©Wild Bird Society of Japan. All rights reserved

東京港埠頭株式会社が管理する海上公園ガイドはこちら
★ストリートビューがご覧になれます→こちらをクリック!