本文へスキップ

東京湾の埋め立て地によみがえった野鳥の楽園


シギ・チドリ観察時刻表

シギ・チドリって、どんな鳥?

 シギの仲間  チドリの仲間
      
シギ類はいろいろな形をしたくちばしで、干潟をさぐったり、つついたりしてゴカイやカニなどをつかまえる。 チドリ類は短いくちばしで、水辺を歩きながら食物を見つけ、走りよってゴカイなどをつかまえる。頭や目が大きいのが特徴。

2017年春版「シギ・チドリ観察時刻表」

 シギ・チドリが好む干潟の環境は、満潮時には水没し、干潮時にドロの地面が広がります。シギ・チドリは、干潮の前後に、干潟のドロ部分にすむゴカイやカニなどをねらって集まってきます。
 潮入りの池は、東京湾と水門でつながっているので、東京湾の潮の干満に応じて、水位が変化します。ただし、その変化は、東京湾に比べて1時間〜1時間半ほど遅れる傾向があります。
 以上を踏まえて、「シギ・チドリが観察しやすい時間帯」を予測し、表にまとめました

※ 「シギ・チドリ観察時刻表」PDF版は   こちらから 

<観察しやすい時間帯と潮の関係>
潮の干満の差は、主に地球と月の位置関係によって、大潮→中潮→小潮→長潮→若潮→中潮→大潮と変化します。
干満の差が大きいほど、ドロ部分の面積が広く、長時間にわたって露出するので、シギ・ チドリが観察しやすい時間帯も長くなります。

 ※潮の名前について(表では「大」「中」「小」「長」「若」と表示)

 大潮:潮の干満の差が一番大きくなる
 中潮:大潮と小潮の中間くらいの干満の差
 小潮:潮の干満の差が一番小さくなる
 長潮:潮の干満の差が一段と小さくなり、満潮・干潮の変化が緩やかで長く続く
 若潮:長潮のあと、大潮に向かって、潮の干満の差が次第に大きくなっていく


東京都立東京港野鳥公園

〒143-0001 東京都大田区東海3-1 Googleマップで表示
電話 : 03-3799-5031
FAX : 03-3799-5032
E-mail: yachokouen@wbsj.org

都立東京港野鳥公園は東京都港湾局の海上公園のひとつです。
指定管理者である「東京港野鳥公園グループ(東京港埠頭株式会社、公益財団法人日本野鳥の会)」が「NPO法人東京港グリーンボランティア」と「東京港野鳥公園ボランティアガイド」の協力を得て管理運営をしています。
Copyright © Wild Bird Society of Japan. All rights reserved

東京港埠頭株式会社が管理する海上公園なびはこちら

★ストリートビューがご覧になれます→こちらをクリック!